こだわりのマッサージチェア マッサージチェアの歴史
こだわりHOME
マッサージチェアの歴史
技術と機能
マッサージチェアマイスター
マッサージチェアソムリエ

マッサージチェアの歴史はフジ医療器の歴史。
1954年から半世紀以上にわたり、めまぐるしく発展を遂げてきたマッサージチェアの軌跡を当時のカタログとともにご紹介します。

黎明期 1954年~1975年

1954年 ごみの山から開発

*
機械遺産に認定! フジ医療器 第一号機

フジ医療器 第一号機

フジ医療器のマッサージチェアは、文字通り“ゴミの山から”生まれました。
戦後間もない時代、創業者の藤本信夫氏は、木材やボール、チェーンなどの材料を集めてきては試作品を作ることを繰り返し、1954年にマッサージチェア第一号機が誕生します。
※木製の第一号機は弊社大阪工場に現存しています。

第一号機は、2014年度「機械遺産」に認定されました。
詳しくは「機械遺産 第一号機」ページで紹介しています。

*

 

1965年 肩と腰を同時にマッサージ

*
フジマッサージ機 A-1


フジマッサージ機 A-1

4つのもみ玉が肩と腰を同時にマッサージするモデルが登場します。A-1はもみ専用の商品です。本体右側にあるハンドル操作で、もみ玉の位置を上下に移動させて、肩、背中、腰などマッサージしたい位置に自由に調整することができました。当時の販売価格は8万円です。

*

 

1967年 たたき専用マッサージ

*
フジマッサージ機 C-3


フジマッサージ機 C-3

C-3はたたき専用です。A-1とよく似ていますが、もみ玉の形状に違いがあります。もみ玉の先には3つの突起がついており、たたきマッサージがより心地良い体感になるよう工夫が施されていました。もみ、たたき、それぞれのマッサージの動きに合わせてもみ玉の形状にもこだわりがあったのです。

*

 

揺籃期 1975年~2001年

1975年 スイッチひとつでマッサージが切り替えられる

*
フジマッサージ かあさん FM-52


フジマッサージ かあさん FM-52

「もみ」と「たたき」をスイッチ1つで変えられるよう内部の構造を進化させました。強さが自由に調節できるなどマッサージチェアとしての機能が進化するだけでなく、家庭でも使いやすいように応接間に置いても違和感のないデザインに仕上げていました。

*

 

1979年~1980年代  「ローラー式」が流行に

*
Dr.ローラー FP-401


Dr.ローラー FP-401

もみ玉がローリングしながら背骨の両側をマッサージする「ローラー式」のマッサージチェアが生まれました。「もみ」「たたき」しか出来なかった技術が大きく飛躍。さらに、背もたれを自由にリクライニングできるようにもなったのも、このモデルからです。

*

 

1995年 世界初のエアーチェア

*
世界初 エアーマッサージ エアーマッサージチェア ロイヤルチェア MC-133


エアーマッサージチェア ロイヤルチェア MC-133

フジ医療器は、ふくらはぎと ももへのマッサージを初めてマッサージチェアに取り入れ、脚部の血行促進に大きく貢献していきます。世界初、エアーバッグのみを搭載したマッサージチェアは、従来とはひと味違ったやさしいもみ心地が人気を博しました。

*

 

2000年 エアーともみ玉の融合

*
エアーソリューション マッサージチェア AS-777


エアーソリューション マッサージチェア AS-777

力強いタッチのもみ玉と、やさしいもみ心地のエアーを融合した新発想のマッサージチェアが登場。もみ玉専用、エアー専用のモデルしか存在していなかった市場に新しい風が吹いたのです。21世紀のトレンドを決定付けたコンセプトモデルとなりました。

*

 

確立期 2001年~2004年

2001年 “頭脳”を搭載したサイバーリラックス

*
世界初 3Dポイントナビシステム サイバーリラックス マッサージチェア AS-001


サイバーリラックス マッサージチェア AS-001

一人ひとりの背筋ラインを検知し、最適なマッサージプログラムを自動で選ぶ「3Dポイントナビシステム」など、業界初の画期的な機能を数多く搭載しました。“機械が人に合わせてマッサージする”というこれまでにない革新的なマッサージチェアです。

*

 

2002年 革新したデザインと技術で大ヒット

*
サイバーリラックス マッサージチェア AS-003


サイバーリラックス マッサージチェア AS-003

気品のある柔らかなフォルムにモスグリーンのファブリック生地をあしらったデザインと、業界初の「フットストレッチ」・「3Dモードマッサージ」や「クロスプレス方式」といった人の手に近づけた新しいマッサージが多くのお客様に受け入れられました。

*

 

2003年 グッドデザイン特別賞を受賞

*
グッドデザイン特別賞受賞 サイバーリラックス ソリューション マッサージチェア AS-878


サイバーリラックス ソリューション
マッサージチェア AS-878


アールデコ調のデザインで「AS-878」は、グッドデザイン特別賞を受賞しました。機能の追及だけでなく、デザインへのこだわりもマッサージチェアの発展に欠かせないものになりました。

*

 

発展期 2004年~

2004年 マッサージ範囲の拡大

*
世界初 肩エアーマッサージ サイバーリラックス マッサージチェア AS-800


サイバーリラックス マッサージチェア AS-800

マッサージを施す範囲は、この時期から大幅に広がっていきます。足裏や肩ぐう(肩から二の腕にかけた範囲)までマッサージができるようになった「CYBER-Relax AS-800」シリーズは、この年に見事「グッドデザイン賞」を受賞しました。

*

 

2005年 「極メカ」 遂に登場!

*
サイバーリラックス マッサージチェア AS-810


サイバーリラックス マッサージチェア AS-810

新設計のもみ玉ユニット「極メカ」を初搭載。もみ玉のアームの形状と駆動ギアのピッチを改良し、もみ玉の最大突出量を従来に比べ約1.3倍に拡大。これを高精度・高出力モーターで駆動し、深く力強い刺激と人の手に近づいた精微な動きを実現しました。

*

 

2010年 ソファタイプのマッサージチェア

*
グッド・デザイン賞受賞KEN OKUYAMAモデル マッサージチェア KN-10/KN-15


KEN OKUYAMAモデル 
マッサージチェア KN-10/KN-15


当時、ソファとして寛ぐことが出来るタイプのマッサージチェアが流行しました。世界的有名な工業デザイナー奥山清行氏がデザインしたこのモデルは、コンパクトで丸みがあり、どんなインテリアとも馴染むシンプルなデザインと本格的なマッサージ機能を両立。グッドデザイン賞受賞商品です。

*

 

2012年 もみメカの進化はとどまらない

*
サイバーリラックス マッサージチェア AS-850


サイバーリラックス マッサージチェア AS-850

プロのマッサージ師のような緩急のある絶妙な力加減を再現した「極メカ4D」を搭載。上下・左右・前後という従来の3Dの動きに加えて「動作時間のコントロール」を新たに取り入れました。マッサージチェアとしての“気持ち良さ”を追求するフジ医療器独自の技術の進化はとどまりません。

*

 

2013年 超極上の休息へ  創業60周年記念モデル第一弾

*
グッド・デザイン賞受賞 サイバーリラックス マッサージチェア AS-960


サイバーリラックス マッサージチェア AS-960

マッサージチェアの新たな領域を創出する、次世代最高峰モデルのAS-960は、長時間での自宅における「休息」を提案。フラットに近いリラックスした状態で身体を預けられる「ベッドポジション」や、業界初の30分間自動コース「ソムリエコース」を搭載し、極上の休息をお楽しみいただけます。

*

 

2013年 60周年記念限定のプレミアムモデル

*
リラックスソリューション マッサージチェア AN-60(Premium)


リラックスソリューション
マッサージチェア AN-60(Premium)


完全受注生産、100万円(税別)の特別モデルが登場。高級本革を惜しみなく使い、使い込むほどに味わいが増す高級感と大人の落ち着きを兼ね備えたデザインに仕上げました。身体の癒しだけでなく心の癒しまで贅沢に味わうことを目指した最高峰モデルです。

*

 

2015年 伝統と革新が呼応する、次世代のフラグシップ

*
サイバーリラックス マッサージチェア AS-1000


サイバーリラックス マッサージチェア AS-1000

幾重にも重なった現代人特有のコリをほぐすため、革新的な「力」と「技」を兼ね備えたメカユニット「深層極メカPRO」を搭載。より深く、より繊細にコリの深層部を攻略します。さらに、エアーの流量と速度が制御できるようになり、手技の力強さと躍動感を再現する「手もみモード」を新搭載しました。

*
▲このページの先頭へ戻る
商品情報
*